それぞれの翼展

多文化共生に向けた展示会

「それぞれの翼展vol1」

「多文化共生」を達成するためには、「市民相互の異文化理解」の促進を図ることが必要です 。「市民相互の異文化理解」を深めるために、それぞれの国、人が持っているコミュニケーションツールを認識することで「市民相互の異文化理解」ができると考えています。「絵画、音楽、工芸、文学、演劇、ジャズ、旅。」それぞれが持つ「コミュニケーションツール=翼」で世界が一つになることを祈って展示会を開催いたします。

出展内容

NPO法人国際生活支援センター・会員
アジア各国を歩き回り、そこに住む人々とふれあい、一般情報機関では伝えない「リアル」を彼独自の視点で日本の皆様にお送りします。私達は海外の人々を「外国人」とひとくくりにしまいがちですが、彼の視点を感じることで私達自身が外国人となり「地球上の一人」として「異文化理解」ができます。

NPO法人設立から10年間で7,000台の子ども用車椅子を寄付した「NPO法人海外に子ども用車椅子を送る会」を通して、車椅子を提供してくださった日本の皆様に「ありがとうの気持ちが乗せられた絵」が世界中から届きました。

展示会場では「NPO法人海外に子ども用車椅子を送る会」の活動をもっと知っていただくために「活動報告、実績報告」も合わせて展示しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。